WOOL-BLANKET

メンタルを整えたい人が書くブログ

今に至る予兆がすべて詰まっている、私の生い立ち

 

私は、簡単に言うと

「他の人とは違う」なあ、と自分でも感じながら

この人生を生きてきました。

 

正直、生きていくことはこんなに辛いのか、と

生きるのが嫌になって死にたいと考えたことも何度もあります。

 

他の人にも悩み苦しみはあるのだろうけれど、

どうして私は

楽しい、嬉しいという感情はあるものの

それを凌駕する勢いで

いつも苦しいんだろう、辛いんだろう、というのを

この10年くらい、いつも考えている気がします。

 

10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方

幼い頃の私

幼い頃から、

私は俗に言う「いじめられっ子」でした。

運動が苦手、マイペース、癇癪持ち(これは特に家で発揮)、

強い人見知り、気が小さい、等の性質が

ちょっと心に余裕のない他の子供にとっては、

恰好のいじめの素材でした。

 

他には、ぼーっとして授業が聞けないとか

(=勉強ができないことにつながる)

人の話をあまりよく聞かない、

習っていた書道塾、そろばん塾にきちんと毎週通えない、

その時の気持ちによって

勝手な解釈をする(主にネガティブな)、

というようなことが多かったように思います。

 

不登校グセの発症

この性質を抱えたまま、私は

幼稚園、小学校、中学校、のそれぞれで

不登校を経験しています。

 

理由としましては

  • いじめられたくない
  • 休めば休むほど遅れてしまう授業を受けたくない
  • 登校した時の疎外感を味わいたくない
  • 苦手なこと(運動、部活、人間関係構築)をしたくない

    …という意思が

異常に強くなってしまったため、でした。

 

当時の子供(昭和のおわり~平成のはじめ位)ならば

勉強に遅れると自分がきつくなるだろうし、

いじめに遭っていても仕方なく通学するのでしょうが

私は、「逃げる」という選択をしました。

甘え、怠け、逃げる自分が

どんどん大嫌いになっていった。

 

「行きたくない」と母親に言っても、

理由など聞かれず「サボりはよくない」として

無理やり家から追い出されました。

 

そのうち、

朝、起きなければならない時間に起床できなくなり、

腹痛、そしてお腹を下すようになりました。

 

…その状態の私を、母は懲りずに追い出した。

 

たまに号泣しながら訴えると

(ウンティー漏らしながら学校は行けないのよさすがにw)

仕方ないなぁ、というような態度で

かかりつけの病院に連れて行かれる、ということの繰り返し。

 

なので厳密には不登校とはニュアンスが違うかもしれません。

「登校拒否を繰り返し続けた義務教育期間」、でした。

 

時期によっては

周囲に恵まれて何とか登校できる期間もあったのですが、

一旦それが崩れてしまうとまた元通り、という感じで。

 

大人になっても…。

何とか高校時代に持ち直して、専門学校にも行くことができて

いざ就職したら…また、うまくいかなくなった。

 

私の就職先はアニメーション業界だったのですが、

アニメーションの仕事“だけ”に関しては

新人にしては上手だと周囲の先輩方に言っていただいたし

頑張っていれば、もしかしたら

有名な作品にも名前が掲載されていたのかもしれないのですが、

 

「それ以外の雑務」と

「先輩からのからかい、いじめ」に

耐えることができませんでした。

 

それ以外の雑務、というのは

当番制の掃除係や給仕係のようなものがあり、

どうしてもそれが得意ではなくて、たびたび先輩から注意を受けました。

(麦茶作って温いまま冷蔵庫に入れるな、とか

どんなに早く出社して掃除をしても始業時間までかかってしまう、等)

 

よって、先輩に

私のことをからかってくる人が出てきました。

意味もなく後ろを追いかけられたり、嫌な言葉を浴びせられたり。

(今で言うところのモラハラ、ですね…)

  

夢を追いかけるんだ、と息巻いて

1人暮らしまでしておいて

そのザマか、と

自分を責め倒しました。

 

元々希薄だった自己肯定の気持ちなど一切なくなり、

すべてのことは

自分のせいなんだ、自分が悪いんだ、という

自己否定しか考えなくなりました。

人生が、それの繰り返しになりました。

 

これまでもそうだったんだけど、

それを改めて突き付けられたような、そういう時期でした。

 

その後、実家に戻り

他業種に就職したのですが、

超ブラックで…9時~21時頃まで働いていました。

 

毎日が残業で、毎日が飲み会でした。

 

上司や先輩、同僚はとても楽しい人達で

なんとか頑張っていたのですが…身体が先に言うことをきかなくなってしまいました。

内臓の不調が回復せず、結局退職しました。

 

この後、正社員恐怖症のような思いに駆られ

同じアルバイト先で短期契約を延々と繰り返す、という状態に至ります。

おそらく5年以上は働いていたと思います。

 

ヘルニアとの闘い 

そして…この後、私は

 

「腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

 

に、苦しめられることになります。

 

当時は家にPCも無く、

治療法が多岐に渡っていることもよく解らぬまま

駆け込んだ病院で「牽引治療」をひたすらしていました。

痛みが治まるまで、1年以上かかり

その間、絵に描いたようなニートでした。

 

ちょうどこの頃、WOOL-BLANKET家で

財政破たんが起きまして…最先端の治療は受けることができなかった、

というのもあります。

 

 

このあたりから、

うつ病でよく言われているような症状が出てくるようになりました。

 

人様に何気なく言われたことにショックを受けたり、

そこから立ち直るのが遅かったり。

いつまでも憂鬱な気持ちが自分を支配しているような…

 

時には

死のうと決意し、身辺整理を始めたこともありました。

 

哀しいかな現在ゴミ屋敷と化した我が寝室で身辺整理をするには

かなりのお金と時間を要する状況になっている…死ねない…w

 

 

この後も、仕事を始めたり辞めたり

色々あったのですが、

ヘルニアも数度再発したこともあって

世間一般で言うところの「社会復帰」は、

40歳になった今でも全くできておりません。

社会復帰の第一歩かな、と思うと

誰かが邪魔してるんじゃないか、ってぐらいに

見事にその復帰は失敗します。

 

邪魔してるのは「誰か」ではなく

「自分」、であることも自覚しているので

なおさら自己否定、自己嫌悪はひどくなっていっている状況です。

 

数年前に自律神経の不調だと診断されており

体調の面から回復のアプローチをしたこともありましたが、現在の時点では

これと言って効果的な何か、というのは

確認できていません。

 

 

で、今に至ります(かなり端折った)。

このざっくり書いた生い立ちも

今後、ほじくり返して

自分なりに解釈していきたい所存にございます。

 

WOOL-BLANKETとは、大まかに書くと

こんな感じの人間です。

性格の記述は省いておりますが、結構面倒な性格をしています。

 

誰よりも苦しくて死にたいけれど、

…誰よりも、生きたいのだと思います。

それがうまくいかないから悶絶してしまうわけで。

 

私のこの経験が

誰かのためになればいいなあ、と思っているので

「この脳内が紡ぐいろいろ」を

大開放していきたい所存にございます。

 

勢いがついてしまい長文になってしまいましたが、

今後もたぶん長文だと思います(何

 

お読みいただき、誠にありがとうございました。

よかったら、またいらしてくださると非常に嬉しく思います。

 

‐薬に頼らずラクになる‐やさしいうつの治しかた