WOOL-BLANKET

メンタルを整えたい人が書くブログ

いわゆる毒母である母に発達障害の疑惑をかける

 

私の人生において重要度がかなり高いのが、

ADHD発達障害)」のことです。

 

経緯は非常に長くなるので

おいおいこのブログで書いていきますが、

今、特化して書き記したいのは

 

  • 発達障害の可能性がある私
  • さらに特性の強い母は毒母化したという話
  • これから私はどうしていけばいいのだという思い

で、ございます。

 

ハーバード式 大人のADHDパーフェクトガイド

 

発達障害の可能性がある私

ここ10年ぐらいで、自分の人生について色々考える機会がありました。

その中で、

「集団の中にいると浮く、少数派側にいることが多い」

「生きていくのがつらい」

「人として当たり前の生活に適応できない」

…というのを、

物心がついた幼稚園生の頃から

ずっとずっと、感じていたことに気付きまして。

 

そこで本を読んだりして調べていくたびに、

「自分はもしかしたら発達障害のケがあるかもしれない」

…と、感じるようになりました。

チェックリストはことごとく高得点(?)。

 

なので、自分のことを表現する時は

「未診断ADD*1」という風に

勝手にさせていただいております。

 

 さらに特性の強い母は毒母化したという話

幼い頃を思い返すと、

母の言動はそれはもう…下手すると、

児童相談所通報レベルだったのかも。

 

虐待とネグレクト*2がありました。

 

よく叩かれました。

(母曰く「あれは躾だ」そうで)

でも、

言うことをきかないから叱る、というよりは

言うことをきかないから「怒りをぶつけられた」

に、より近かったように思います。

 

母は家計管理ができません。あればあっただけ使う。

学生の頃、

給食費の「滞納のお知らせ」の封書を

担任の先生からこっそり渡されることが何度もありました。

 

眠くなると見境がなくなるというか、

妹が喘息で苦しんでいようが私が扁桃腺を腫らそうが

「ああうるさい!」と言わんばかりの不機嫌そうな表情で、適当に

「水を飲みなさい」「横になっていれば楽になる」と言い

自分は寝てしまう。

 

料理は比較的得意なのだと思いますが

片付け、掃除の類の家事は苦手で後回しにしてしまう。

えらいことになってようやく、仕方なしに片付ける。

 

家計が火の車なのに、

父が低所得の業種だったにもかかわらず

 

「ブランクが長すぎてできる業種がない」

(何もできない自分を世間に晒すのは恥ずかしい)

「あなたたちの教育によくない」

(単に働きたくないだけ)

 

…という表向きの理由があって

専業主婦を通しました。

 

 

家は、バブルが到来するまでは

俗にいうテラスハウスというか文化住宅というか、

平屋の小さな賃貸物件で暮らしていました。

(昔はああいう長屋をテラスハウスって呼んでたのよテラハじゃないのよ) 

テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)

両親は日々の生活が精一杯で

「将来自分の家を持とう」とか

「子供のために何か残そう」というような、

そういう感覚が欠如していたようです。

子供の大事な時期(特に進路)は、

親からの一切の介入なし。

(子供の進路について知ろうともしなかった)

 

自由にさせてくれたのは有難いのかもしれませんが、

心身が未発達な

10代そこそこの子供が岐路に立たされている時に

「本当に何もしなかった」ので、逆にビックリしました(笑)。

自分の人生のことなのに親がグイグイ介入してくるのも

それはそれできついのだろうけどね…

 

他の特性としては

  • 「入れ子」の概念が分からない
  • 字が下手
  • 音痴(運動音痴含む)
  • 襖や障子は左右逆に閉める
  • 極度の方向音痴
  • 自分のことが把握できない
    (抱えているストレス量が把握できず周囲に助けを求めるのがヘタ)
  • 他力本願
  • おどけた子供のような振る舞い
  • 自己評価が低い
  • 会話ができない
    (自分主体の話に変えてしまう、頓狂な返答がかえってくる等)

…と、いう感じでしょうか。

 

幼い頃はそう気にならなかったのだけれど、

自分が成長していくとともに

他者と比較するような自我が備わっていくたびに、

母の言動が「普通ではない」ことに気付いて行きました。

 

母は無意識だろうし

なんなら

「愛情をかけて私たち姉妹を育てた」と自負しているのでしょうが、

 

…残念ながら、

私にとっては「毒」の要素が強かった。

 

親が定型なら、もしかしたら

幼い頃に

私のこのADDっぽい特性に気付いて

療育や関係機関への相談などの措置をしてくれたかもしれない。

もしかしたら

もっともっと、会話が弾んで楽しかったかもしれない。

(会話のキャッチボールができないので、相手が諦めるかイラつくしかない…)

 

これから私はどうしていけばいいのだという思い

もうね、親は選べないからね…あれこれ嘆いたって、変わることはない。

 

最近、母も

その特性が輪をかけて強くなってきたし

父は父で多動気味になってきたし待てなくなってきたしで

(老化現象…)

正直に言ってしまうと、

将来を悲観して…結構な頻度で枕を濡らしています。

お前医者行けよってレベルで。

 

だってこっちも老いてきてるっていうのに

あんなん(他の親御さんの老化現象とは比べ物にならないキチっぷりです)

相手にしていかなきゃなんないんだよ?

そりゃ泣きたくもなりますよ。

新幹線で泣くなとか言われても困りますよ泣かせてくださいよ(違

 

togetter.com

 

(あの記事の女性は私ではありませんがそういう雑感を抱きました)

 

 

 

私にできることは、

「連鎖を断ち切ること」

「自分の心を自由にすること」

「工夫を重ねて家族全員の最善を目指すこと」

…ぐらいしかないなあ、と。

しかしハードル高いなおい…w

 

正直、9割ほどの困りごとは

お金があればラクにはなる。

でも…ラクになるだけであって、「改善」ではない。

その場しのぎ。

 

心構えのほうをどうにかしない限り、

この連鎖はどこかで繋がっていってしまう。

血縁者だけではなく、他者同士でも

連鎖はある意味繋がって行くと私は思っているので。

 

また、この

発達障害ADHD関連のことは書き綴って行くと思うので、

よかったら懲りずに読んでやってもらえると

ねぶたのステップで小躍りします。

今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます…。

 

長く短い祭/神様、仏様(初回完全限定生産)

(写真はねぶた以外での関連性はございません…綺麗だったので引用…)

 

 

*1:ADD:ADHDの中で多動の少ない不注意優勢型

*2:ネグレクト:育児放棄